• 276月
    Categories: 美容 Comments Off

    運動や睡眠で美が作られるのは間違えありません。
    睡眠があまりとれていないと肌はボロボロ。
    ブツブツが出来たりお化粧が乗らなかったり。
    運動もしないとだらしない体になります。
    でも、やっぱり体は食べ物で出来ています。
    美容は食べ物を見直す事が一番確実です。
    お化粧品も大切です。特に基礎化粧品は重要です。
    でもいい商品をつけてもお肌の調子が良くならないのはやはり内面の問題です。
    内面を変えないと本当の美は手に入りません。
    では、美容にいい食べ物って何でしょうか。
    それは食物繊維の多い食べ物です。牛蒡や玄米。それにレタスやキャベツなどの
    食物繊維が多い食品を積極的に摂取する事でまずは吹き出物がなくなります。
    便秘が解消されると老廃物がなくなり驚くほど肌が変わります。
    私のお勧めの物は豆乳です。
    女性の味方のイソフラボンも入っていますし、コレも便秘解消に役に立つ物です。
    是非試して頂きたいのはホット豆乳です。
    体を冷やすと肌の質も色も良くなりません。
    是非冷たい食べ物や飲み物は今日から控えて温かいものに変えてみて下さい。
    そして、お水(常温)も積極的に摂取しましょう。

  • 116月
    Categories: 美容, 美肌 Comments Off

    子供を出産し、母親になり子供が年長になると自分にも少し日々の生活に余裕が出てきました。独身時代は高い美容液などに頼っていた時期もありました。子供を介して、人と接していると健康的であること、清潔感があることが他人からも親しみを持たれ好印象を持たれるのでは、と思う今日この頃です。では、どうやって美容ケアをしていけば良いのでしょう。美容モデルをしている方の本をネットで購入したりし学んだことは、日々の暮らし、スキンケアを毎日怠らず丁寧に、丁寧に行うという事です。日々実践していることは、朝、晩と、洗顔、化粧水、乳液のステップをできるだけ丁寧に行うように心がけています。
    そしてスクワランタオルを使うようにしています。朝は、起きがけにスクワランタオルをぬるま湯に浸し、蒸しタオルを作り肌にそっとおきます。寝ている間についた肌上の汚れを軽く落とし、よく泡立てた洗顔フォームでそっとなでるように洗顔をしていきます。あとは、丁寧に化粧水をコットンで肌内に浸透するようにつけ、乳液でふたをするように肌にそっとコットンでおいていきます。次に、夕方まで化粧崩れを防ぎまた、美白効果のある美容液をつけ、軽く下地を肌につけてしっかり化粧をするか、BBクリームで健康的な肌作りをしていきます。軽くピンク系もしくはローズのチークをつけるなどして、少し表情がでるようにお化粧をしていきます。夜のお手入れでは、スチームを使うようにします。まず外でついた肌上の汚れを浮かす為に、スチームを顔にあてていきます。汚れがゆっくり浮き上がってきた状態で、軽く、また朝同様濡れたスクワランタオルをそっと顔の上におきます。すると、ごしごし落とすことなく、するっと顔表面にある汚れが落ちていきます。次に、クレンジング剤を数か所、肌の上にのせ、ゆっくりマッサージをするようにメイクを落としていきます。もうひと手間、洗顔フォームを泡立て、泡で汚れを落としていきます。最後に、化粧水をたっぷり肌内に浸透させるようにケアしていき、最後に夜はラベンダーの香りのするクリームをのせることにしています。ラベンダーの香りは、安らぎを与えてくれ、気持ちを休めてくれます。生理中など肌が不安定と感じるときは、スクワランオイルかラベンダーの香りのするオイルを夜につけます。
    このように、何か高価な化粧品を使わなくても、丁寧に、丁寧に肌のスキンケアを行うと健康的な肌状態が保て、気持ちも上向きになります。美容への近道は日々のケアを怠らず過ごしていくことだと感じるこの頃です。

  • 265月
    Categories: 美肌 Comments Off

    私にはここ最近美容に関して自然とやってしまう習慣があります。
    それはエステサロンで働いているイトコが何気なく教えてくれたことです。
    どんなことかと良いますと、スキンケアとも言えるのですが、
    顔の頬骨あたりに指を当てて、少し下のくぼむ柔らい頬の部分を探り、指で軽く押すのです。
    (説明が下手ですみません。)
    その部分を押してみて、もし指にほんの僅かなコリコリしたような違和感のある感触がありますと、
    それは老廃物が溜まっているということになるそうです。
    なのでその部分(頬)を外側に向かって回すように指でマッサージして刺激してあげることで内側から綺麗になるのです。
    もちろん個人差もありますし、特にはっきりと目に見えてくるものでもないので難しいのですが、
    何だか一度やるとクセになるのです。
    なので私はお風呂に入浴している時間や、洗顔をする際、
    時間を持て余しているときなんかに、自然と指で押しています。
    ただ、この美容法は自分で押すよりもやはり誰かに押してもらう方が何となく気持ちが良いです。
    そんな感じで、私が最近習慣的にやっている小さな美容法に関してのお話でした。以上です。

  • 105月
    Categories: 美容 Comments Off

    整体に行ったときの先生が言うことには、「骨の位置を正しくすると、女性の身体は女性らしく、自然と綺麗になっていく」とのこと。
    なるほど、納得です。
    そのときの注意事項を頭に入れて日々を送ると、確かにそんなことを実感できるのです。
    まずは、胸を張ります。
    その時に、鎖骨を左右に開くようにしないと猫背になって、それだけでも見栄えが20%ダウンです。
    もちろん背骨も伸ばす必要があります。
    背骨を伸ばすと骨盤の向きが上向きになってきます。
    座ったときの方が顕著に解りやすいのですが、正面に対して骨盤が水平の向きになっているのが正解だそう。
    腕を下げるときは、単にダラッと下げるのではなく、きちんと肘を曲げて前で左右の指先を重ねると緊張感のある綺麗な立ち姿に早代わりします。
    膝も同様で、膝小僧がだらしなく前に出ているのは減点。
    すっと伸ばして立つと気分も上向きになってくるから不思議です。
    座ったときも、鎖骨、背骨、骨盤を意識するとまったく別の印象になり、毅然とした雰囲気がかもし出されます。
    これを継続していると、筋肉も緊張して引き締まるところが引き締まり、体のラインが綺麗に整ってくるそう!
    私が一番感じたのは、お腹周りやウエストのラインにくびれが登場しました。
    ヒップアップも出来たら、最高ですね。

  • 294月
    Categories: 美容 Comments Off

    美容について考えるといっても幅広く、美しくなりたい部分は様々です。お肌、髪の毛、ムダ毛、もっと欲張って身体全体のスタイルまであります。最近は女性だけではなく、男性も美容に気を使うようになりました。
    特に肌の美容について悩む人が多いと思います。化粧品やスキンケア商品、サプリメントと実に多くの商品が出回っています。いったいどれが良いのか迷ってしまいますね。
    肌の質は、年齢、季節そして生活環境などによって変化します。年齢と共に保湿力が劣り、肌に潤いが無くなってきます。冷蔵庫に入れたままの野菜がだんだん萎れていくのに似ています。またストレスの多い生活が続きますとお肌も荒れてきます。
    今ではアンチエイジングという言葉をよく耳にします。男女を問わず、誰もがいつまでも若々しくありたいと願うものです。そのためのスキンケア商品やサプリメントなども助けになるとは思います。しかし費用も掛かりますから、自分で美容のためにできることは、できるだけ自分でしたいものです。毎日の食生活に配慮したり、軽い運動、スキンケアに努めたりすることなどです。
    ひょっとしたら自分の心の中で「美しくなりたい」という思いをしっかり持つことが、一番の美容効果かも知れません。

  • 124月
    Categories: 美容 Comments Off

    美容に良い食べ物はトマトらしいです。私は子供のころからトマトが大好きです。とにかく体に良いと聞き自分と家族のお弁当には彩りのさし色としても必ずプチトマトを3個くらい入れています。最近は野菜ジュースなどの果汁100パーセントのジュースも飲むように心がけています。季節ごとにコンビニなどで新しいものを目にすると嬉しくなります。トマトに多く含まれるリコピンの抗酸化作用が働いて美白作用やしわやたるみから肌を守ってくれるようです。リコピンは食べた後に小腸から吸収されて全身を循環します。なので夜にトマトを食べておくと紫外線にさらされる朝までにはお肌に届いてくれる優れものです。リコピンは完熟したトマトほど多く含まれるのでお買い物の際には真っ赤なトマトを選ぶといいらしいです。更に素晴らしいことは、夜、お風呂上りなどにトマトジュースを1本飲めば朝までにはお肌にリコピンが届いてくれます。夜トマトで紫外線ケアやエイジングケアなどのスキンケアが簡単に出来るわけです。

  • 034月
    Categories: 美容 Comments Off

    全ての女性にとって憧れであろう小顔。顔の造作がいまいちでも、多少ふとっていても、顔さえ小さければバランスよく美人に見えるというものです。でも、小さな顔は生まれつきのものだから・・・・・・とおもってあきらめてはいませんか? 実は、顔にはどんな人でも凝りやむくみがあるといわれていて、少しの工夫でそれが改善されると、誰でも見違えるような小顔になれることがわかっています。たとえば、リンパマッサージ。鎖骨、ワキの下、耳の下、首、アゴのラインなどをリンパの流れに沿ってマッサージするだけで、滞っていた体液が流れ出るようになるので、むくみがとれた一回り小さい顔になれてしまうんです。よりしっかりとした効果を感じたい人は一度プロのリンパマッサージを受けてみてください。本当に、たった一回で顔がすっきり小さくなるのを実感できます! 自分で勉強してみるのもおすすめです。寝不足の朝などに役立ちます。また、小顔と同時にたるみ解消にもつながるのが、舌だしです。首を上に向けて天井を見上げ、とにかく舌を出してみましょう。できるだけ遠くに舌を伸ばすようにしたり、右左と動かしてみたり、ぐるぐる回転させるのもいいでしょう。アゴの周りの脂肪やむくみがすっきりとして、フェイスラインがシャープになりますよ。

  • 183月
    Categories: 美肌 Comments Off

    アトピーは簡単に言うとかゆみが起こる現象です。誰にでも起こりうる事ではなく、アトピーというアレルギーに掛かっている人が起きてしまいます。ステロイド等で痒みが収まることもありますが、それはあくまで一時的なものです。痒みが収まっているときは皮膚も綺麗になり痒みも置きませんが、ささいなきっかけでまた痒みが生じてしまうでしょう。アトピーの原因は、さまざまな要因があります。例えば遺伝です。100パーセント遺伝するものではありませんが、血縁者にアトピー疾患者がいるとアトピーになりやすいと言われています。しかしどちらかというと環境的な要因が多いでしょう。環境汚染等によって発症した人もとても多いですし、生活習慣によって起こる人もいます。また、田舎等の空気のきれいな所で生活をすることで綺麗に改善した人も入る程なのです。心理的な要因も大きいでしょう。進学や就職等はストレスが溜まってしまいます。この様に精神的に弱っているときはアトピーの症状が出やすいと言われています。そのため、アトピーは誰にでも起こりうる症状なのです。

  • 282月
    Categories: 美容 Comments Off

    足を一直線上にして歩くと美しく見えます。
    少し油断すると、がに股なったりしてひざに負担がかかる人もいますから注意しましょう。
    足運びは大切です。
    それで、呼吸も変わりますから。
    呼吸が変わると、内臓におかしな脂肪がつかないから自分も楽です。
    美も健康も、全てつながっているんですね。
    砂糖を控えるようにして、1日20gを守れるようにしましょう。 
    砂糖は外で買った甘い飲料を飲んでいると、一本でもう、軽く20gをオーバーします。
    ジュースは、自宅で、ジューサーで作って飲む方が懸命です。砂糖抜きでもおいしいから。
    そこまで気を使わないと、ご飯とか麺類、パン、あと、おかずの調理の砂糖でギリギリですよ。
    だから、意外とみんな、運動する人分くらいとっているので気をつけましょう。
    あそこまで汗をかいて、あそこまで動く人と、同じ砂糖や塩の取り方をしては危険です。
    積もり積もって、あとで怖い病気になります。
    普段の砂糖の分量は、盲点なので、ここらへんをおさえておけば、中年以降、健康、美容で病院にかかったり、あちこちひどくなることはないです。

  • 132月
    Categories: 美肌 Comments Off

    肌荒れの原因はいろいろ考えられます。すべてにおいて共通して言えるのは水分不足だと思います。肌の内側の水分が不足していることで乾燥して肌荒れを起こします。バリア機能が低下して、外からの刺激に敏感になってしまいます。大人になってからできるニキビの原因も乾燥です。ターンオーバーが乱れて古い角質が剥がれ落ちずに毛穴を詰まらせます。これによりニキビができてしまいます。毛穴の開きに悩んでいる人も多いです。水分が不足した肌は弾力やハリを失います。これにより皮膚はたるみます。毛穴を支えている肌がたるむと毛穴は開き目立ってきます。なぜ肌荒れは起こるのかは、いろいろな原因が考えられますが水分をしっかり含んだ肌を作ることが大切です。それには正しいスキンケアが必要になります。毎日きちんと洗顔している人でもどのくらいの人が正しく行えているでしょうか。今一度自分の洗顔の仕方を見直してみましょう。使用しているスキンケアの保湿は十分でしょうか?若い時と同じ物を使い続けている人は年齢に合わせたケアをしていく必要があるでしょう。
    青じゅる